[Mac][ケータイ] MacBookとCA001でBluetooth使ってファイルをやりとり

本日、無事にMacBookが帰ってきました。故障は再現しなかったとのことですが、ロジックボードとキーボードユニットが新品になって帰ってきました。素敵。

先日のエントリに頂いたコメントで、Bluetoothを使ったMacBookとCA001のファイルのやりとりを試してみたくなったので、やってみました。

手順としては簡単に書くとこんな感じです。

  1. Bluetoothメニューからファイルの送信
  2. 送信するファイルを選択
  3. CA001で受信

ケーブルが要らないので楽ですね。ケータイは全部Bluetoothつけるべきです。

送信者 Blog

今回は、このtest.rtfというファイルを送ってみる事にします。

 

送信者 Blog

Bluetoothメニューからファイルを送信、と。

 

送信者 Blog

ダイアログが開くのでさっきのtest.rtfを選択し、送信。

 

送信者 Blog

CA001を見つけてきました。これは先にCA001を登録していたせいかもしれません。

 

送信者 Blog

んで、また送信。

 

送信者 Blog

CA001のメニュー>アクセサリ>Bluetooth>データ受信

 

送信者 Blog

これでCA001がBluetooth接続待ちになりました。

 

送信者 Blog

一方その頃。

 

送信者 Blog

リクエストを受けてCA001でダイアログが出ました。はい。

 

送信者 Blog

ま、4KBくらいなので一瞬です。

 

送信者 Blog

そしてBluetooth接続終了。

Bluetooth Help: Apple Bluetooth が対応しているプロファイル にも書かれていますが、DUNに対応しているので、モデムとしても利用可能です。確か上限額が設定されるので、いざとなったらこいつでMacからインターネットに接続出来る筈です。イーモバイルあるのでやりませんが。

でかいファイルを試してみたかったのですが、セットアップしたてのMacにはそんなでかいファイルが存在しないので、ひとまずこれにて。


[Mac] Appleの修理がすごく速かった

先の週末に、MacBook(MB062J/B)がリカバリ中に壊れまして。電源が入らなかったり、10秒押しでリセットしても今度はLeopardのディスク読んでる間に電源が落ちたりと、まさに瀕死の状況に陥りました。

そんなわけで、ジーニアスを予約して、Apple Store 栄に持ち込んだのが月曜日の夜でした。ジーニアスに一通り診断してもらい、電源は安定して入るようになったのですが、やはりSuper Driveの調子がよろしくなく、別のLeopardのディスクを読ませても途中で電源が落ちてしまうということで、修理センター送りになりました。いわゆる入院ってやつです。

時間が夜だったので、翌日の火曜日に発送することになります。この日はさすがにステータスを確認しても、登録がないと言われておしまいでした。

そして今日、水曜日です。センターに到着しているのでステータス確認くらい出来るだろう、と思ったところ──

発送済み、と書かれていました。クロネコヤマトの伝票番号とともに。

( 'Д')はい?

到着したその日に修理完了して発送まで済ませている……だと……?

すごく……速いです……

そんなわけで、明日には帰ってくる可能性が高いですMacBook。いやありがたいですね……すごいですね……伊達にApple Careで安くない金額を取る訳じゃないな、と思いましたが、すぐに安いんだなアレはと思い直しました。購入後一年経ってないので無料だしApple Care買ってないんですけどね^q^


[Windows][Mac][Firefox]Windows Live FolderShare でWinとMacのFirefoxプロファイルを共有

いろいろあってMacにLeopardを新規インストールすることになったのですが、環境構築が面倒だなと思ったのが、Firefoxの環境を等しくすること。
Foxmarks、Tombloo、MakeLink、GreaseMonkey、など、拡張すればするほど復旧が面倒になっていきます。こういった設定情報を、どこか確実なストレージに保管しておいて、それと同期してスマートに環境を戻せればなあと思って調べたところ、よさそうなものを発見しました。

Hack Attack:ブックマークだけじゃない――Firefoxでアドオン、プロファイルまで同期する方法 - ITmedia Biz.ID
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0707/27/news080.html

今回の僕がやりたいことにぴったりなので、早速試してみる事にしました。WindowsとMacに対応しているので、まさにばっちり。

理屈としては、FolderShareというサービスを使って、PC同士の特定フォルダを同期するだけです。

ちなみに当方の環境はメインがVistaのUltimate 64bitEdition、サブがMacBook(Leopard)となっています。

[iTunes]Storeに繋がらなくなった

帰宅後、飯食いながらiTunes8へのアップデートを行って、さあ、Genius試して遊ぼうと思ったら。
Storeに繋がらなくなってしまいました。

「iTunes は、iTunes Store に接続できませんでした。ネットワーク接続が拒否されました。」

ほほう。



と、このざまであります……。Windowsの方は美味く動いてるんですけど、無線&Leopardだとダメなんでしょうか(´・ω・`)

23:42 追記

構成としては、AirMacで無線ルータにつながってるんですが、iTunes8だけがそれを認識してない様子だったので、D02HWでイーモバイルの回線でStore接続してみました。
そしたらつながったので、ひとまずGeniusをオンに。

で、AirMacに戻してみると……つながらないな……なぜだろう(´・ω・`)

2008/09/11 0:09 追記

めんどくさくなったのでとりあえずUpdate待ち。Storeつながらなかったり、iPhoneの更新ゲットするときだけイーモバで。

[MacBook][Windows] 私的メモ。WinOnMacの際の。

XPの場合。

SP3をインストールする際は、事前にBootCamp2.1を適用しないと、Cドライブの容量が足りないエラーが延々と出る。
アップル - サポート - ダウンロード - Boot Camp Update 2.1 for Windows XP
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/bootcampupdate21forwindowsxp.html

Vistaの場合。

おそらくBootCamp2.1を当てないと、無線LANのドライバが腐ってる為まともにネットにつながらない(DHCPでIPを割り振られ、電波強度が高くても、ルータにすら到達しない)。
アップル - サポート - ダウンロード - Boot Camp Update 2.1 for Windows Vista 32
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/bootcampupdate21forwindowsvista32.html

[PC] BootCampで悪戦苦闘した

以前に初代MacBookを所有していて、そのときにもBeta版のBootCampを何度も使っていたから、XPインストール楽勝でした(^q^)

と言えると思っていたら。

1.
FAT32で32GB容量確保し、XPをインストールしたら、最初の再起動後領域をみつけられず、セットアップが進行しない。

2.
後述するが領域を認識させてXPSP2をインストールした後、SP3を適用させようとしたところ、容量28GBくらい余っているにも関わらず、容量が足りないと言われSP3が適用出来ない。

という二つのエラーに悩まされました。

[PC] MacBookまた買った

また買いました。
以前は初代CoreDuo機の梅だったのですが、今回はMB062J/Bです。
型落ち在庫処分で129800円でした。Appleのオンラインストアでも、ときどき整備済み新品で11万円台で売られたりしていますね。

現行モデルと比較して以下の点が優れています。

CPUのL2キャッシュが多い
リモコンがついているw

現行MacBookは3MBなのですが、このときのは4MBなんですね。
これはAppleがどうこうというより、CPUを製造しているインテルがラインナップを変更したことにと伴う変更のようです。

標準で1GBのメモリが載っているのですが、この型から、チップセットが新しくなった為、最大4GBのメモリを認識するようになっています(以前は2GBでした)。
なので早速メモリを購入しました。

物は、UMAXのCastor SoDDR2-2G-800というものです。
ちなみによく考えずに大丈夫だろうと判断してDDR2-800のメモリを買ったのですが、これが失敗でした。差しても画面が映りませんw

元々ささっていた純正と混在させると認識するのですが、これ単体もしくは2枚差しだと全然ダメ。ちょっとググったところ、同じ機種で同じメモリで同じ現象が発生していることがわかりました。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mac/1207128474/37-38
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mac/1207128474/49/

このメモリが、DDR2-667のSPD情報を持ってないのが原因なのかな、ともおもいましたが、翌日お店にいって、同じUMAXの667に交換してもらいました。店長さんありがとうございます。

世間のUMPCブームに目を背けるように、MacBookを買ったのでした。値段も倍、大きさ倍以上、重量は倍。CPUコア数も倍。メモリは4倍。電池の保ちは一緒。

でもかわいさは最強。そう信じています。いやほんと可愛いです(^q^)

MacBookがマイナーチェンジ?

なんとも表現しづらい変化がありました。

便宜上、松竹梅と表記します。
松……スペシャルなKURO
竹……真ん中のSIRO
梅……一番安いSIRO

初代MacBookは松竹梅で、CPU速度とHDD容量、SuperDriveかコンボドライブか、くらいしか相違点がありませんでした。(色はあえて放置)

今回のチェンジで、竹と梅の間で、えらい格差が生じました。

CPUの違い……L2キャッシュ容量が違う。これは、Core2Duoがそういうラインナップになっているからなんですけれども、下位モデルはL2キャッシュが2MBなのです。
上位モデルは4MBも載っています。これは気分的に大きいですね。
メモリの違い……松と竹は標準で1MB、梅は512MBです。
初代は同じ512MBだったことを考えると、竹のお買い得度がUPしていますね。
HDD容量、光学ドライブの違い……これはおいておきましょう。
DVD+R DLが使えるようになったと言われても、たいていの場合において、±R、RWが使えれば問題ないですしね。

初代モデルは、DVDを焼くかどうかで竹と梅で悩みましたが、今回のスペック格差の発生により、竹がBestBuyになったと思います。
僕の梅はメモリ2GBになっている以外は何の変哲もない梅ですので、久しぶりに歯がゆい気持ちになったとかならないとか。

自作機だったらCPUなりマザーなり差し替えれば済みますし、MacBook買うまでハマってたベアボーンノートでも同様だったのですが。

アップグレードできないもんでしょうか、AppleStore持ち込みとかで。
でも高く付きそうだ、それだったら今の梅売って買い換えた方がよさそうです。

MacBook

買ってどれくらいたったか覚えてないが、
だいぶ慣れてきた。

とはいっても、マウスつないで右クリックを
めっさ使ってるわけだが…

しかしアダプタのくっつくあたり、すごく熱い。

XPは消しました

タイトルの通り。
BootCampAssistantからあっさりとね。

Windowsも使える、というのは確かに購入動機の一つだったけど、
メールとIRC端末としてしかノートを使っていない現状を考えると、
OSXで全然問題ないことに気づいてしまったのです。

これに伴い、Windowsノートは売却することにします。
スペック的にはほぼ同等(MacBookがCPUちょっと速いだけ)
なんですが、液晶の明るさが全然違う。

我が家の液晶比較でこんな感じです。
MacBook>>Windowsノート>>>>>>>>>>>DELL2001FP
買った頃はツブギラ眩しかった2001FPも、3年経過すると
かなり目に優しくなってきました。
年月は人間ばかりでなく機械も変えるんだな。

1

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Amazon

ログール

なかのひと

TwitGIF/BlogChart


Powered by ついめ〜じ

blog chart/feed meter/friendfeed

フィードメーター - ほたるさんさん日記MR2 あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM