[PC] ThinkpadX200 に OCZのSSD(COREだけど)を導入した

以前は、こいつをさしていたのですが、さすがにVista Ultimateだと30GBでは残り容量に気を遣ってやらないといけなくなってきたので、60GBのSSDを買ってきて差し替えました。

Before

After

モノ的には大差ない、JMicronコントローラ使用のMLCタイプですが、カタログスペックでは、トランセンドのがR/W=150/90、OCZのがR/W=170/98、とそれぞれ一割増しくらいの速度になっているようです。実際にベンチ測ってみたらその通りな結果でした。

   Sequential Read : 148.150 MB/s
  Sequential Write :  55.939 MB/s
Random Read 512KB : 138.357 MB/s
Random Write 512KB :  39.896 MB/s
   Random Read 4KB :  10.569 MB/s
  Random Write 4KB :   1.652 MB/s

   Sequential Read : 150.441 MB/s
  Sequential Write :  85.139 MB/s
Random Read 512KB : 138.884 MB/s
Random Write 512KB :  54.086 MB/s
   Random Read 4KB :  12.008 MB/s
  Random Write 4KB :   1.980 MB/s

上がトランセンドの32GB、下がOCZの60GBをCrystarl Disk Mark2.2で計測した結果です。おまけに、デスクトップのCドライブ(WD3200AAKS)のベンチも載せておきます。

   Sequential Read :  100.262 MB/s
  Sequential Write :   98.953 MB/s
Random Read 512KB :   34.481 MB/s
Random Write 512KB :   58.598 MB/s
   Random Read 4KB :    0.398 MB/s
  Random Write 4KB :    1.553 MB/s

グラフにしたらこんな感じ。Excel2007は見栄えいいグラフをさくっとつくれていいですね。UIはまだなじめないけど……

image

WD3200AAKSは発売当時、1プラッタで安くて速いってんで飛びついたんですが、明確に勝ってる項目がシーケンシャルライトだけ、という悲しい結果になりました。もっともデフラグしてないし、1パーティションで取ってるので、外周の美味しいところだけを使えなかった可能性も否定できませんが。

まあ、今出てて安く買える170/100クラスのSSDでも十分美味しいですよ、ということがわかったのでよしとしましょうか。


[雑記] Thinkpad X40 をSSD化するとしたら

以前所有してたこともあるし、GENOでも時々3万円切る値段で出てきたりもするので、ちょっと考えてみた。

最大の問題は、X40は2.5インチHDDではないという点。1.8インチでしかも独自規格と言っていい、いわば変態仕様だ。

なのでちょっとググるとわかるんだけど、お手軽さでは、CF-PATA変換コネクタを使ってCFを指すという手法があげられる。

これ。

で、思ったのはSanDiskの超高速なCFを使ったらどうなるんだろうというあたり。EXTREME IVなら、45MB/sって速度をうたってることだし。

16MBで18000円くらいと、それはそれはいい値段。2.5インチなら64MB間違いなく買えるし、128GBもモノによっては狙えそう。

なんか、タイトルを「X40の中古を買ってはいけない」に変更した方がいいような気分になってきた。


[PC][SSD] 30GBだとVistaじゃ足りない気がします

送信者 ドロップ ボックス

ThinkpadX200をSSDにしてみました。おためし気分だったので30GBをチョイスしたのですが、インストール直後は10GB弱/30GBだった使用容量が、WindowsUpdate当てたりしてたら22GB使ってました。ううん、厳しいものがありますね。気分的に。

しょうがないので、60GBを買ってきました。ものはこちら。OCZSSD2-2C60Gです。価格表示は30GBのものになってますが、60GBだと13000円くらいでしょうか。最初から60GB買ってくればよかったとは思います。うかつ。




XPで使うなら、30GBでも十分足りるかもしれません。また、僕の環境だとVistaUltimateなので容量食ってるのかもしれません。HomeBasicやHomePremium、Businessだったら30GBでもここまで食わないのかも……6000円くらいですし、静かすぎて不安になるSSD環境、結構おすすめです。MLCタイプでも速いのは間違いないですから。


[物欲][PC] D02HWを駆使するために

 USBコネクタとケーブルを買いました。


左のサンワサプライのやつは、コネクタ間がヒンジになっていて、向きがかえられたりします。ネットの評判では、ヒンジが弱すぎてダメだって話ですが……まあ600円だし試してみるとします。
本命は右のグースケーブル。堅いケーブルで、たてたり曲げたりできるようになっています。これを使っていい位置にとりつけようっていう魂胆なのです。

さて、発注してみたんですが……あれ、注文が二つになってる……しかも片方1500円未満@Amazon……キャンセルボタンはもう……ない。

やってしまいました\(^o^)/
グースケーブルがダブりました!

[Windows][PC] Vista/XP Virtual Desktop Manager を使ってみた

Spacesにやられた!

Spacesについてですが、Leopard(Mac OSX 10.5)を使われたことのない方も多いと思いますが、いわゆる仮想デスクトップを実現する機能です。Leopardでは、画面下のDockの右端の方に、Spacesが既に陣取っていますが、F8キーでも起動します。通常であればデスクトップは一つなのですが、これを四つ使えるようになるのです。

ウィンドウをそれぞれ1〜4のデスクトップに好きに配置することが出来るので、タスクごとにデスクトップを使いわける、なんてことが簡単に出来ます。またすばらしいのはCommand+tabでアプリケーションを切り替える際には、各デスクトップを意識しないで済むこと。起動中のアプリを切り替えると、それに合わせてデスクトップが自動で切り替わります。素敵ですね!

Windowsでも使えたら便利だと思った!

便利だと思ったので、まずWind Notebook U100で試してみることにしました。デスクトップは24インチで画面が広いので、それほど困ってはいなかったので。ググってみたところ、以下のツールが見た目もSpacesっぽいので使ってみる事にしました。

Vista/XP Virtual Desktop Manager - Home http://www.codeplex.com/vdm

インストールには、.NET Framework2が必要ですので、これをダウンロードし、適用します。

そしてインストールするとSpacesと同じように、仮想デスクトップを4つ使うことが出来るようになりました。タスクバーに格納されたり、右下に現在のデスクトップ画面がどれか教えてくれるインジケータが出ますが、これはSpacesにはない機能ですね。もっともSpacesでは不要なのですが、あるということはこのVirtual Desktop Manager(以下、VDMと表記します)では必要だと判断されているのでしょう。

簡単に相違について比較すると以下のようになります。これは僕がちょっと触ってみての感想ですので、全機能を比較していない点についてはご容赦ください。

  Spaces VDM
alt+tab(Command+tab)による全アプリケーションの切り替え 出来る 出来ない
ホットキーによるデスクトップ画面の切り替え 出来る 出来る
描画の感覚 アニメーションで滑らか 切り替えてます!って感じ

Spacesの優れている点は、なによりそのシームレスさですね。Command+tabによるアプリケーション切り替えで、何番目のデスクトップにどのアプリを置いている、というのを考え無くて済むのは大変素晴らしいと感じました。

VDMでは、表示しているデスクトップのアプリケーションしか、alt+tabでは選択出来ないのです。つまり、エッチなサイトを見ているデスクトップと、真面目にシゴトしてるデスクトップをきっちり分けてしまった場合、alt+tabではお互いが見えなくなるということです。これは一長一短と判断すべきですが、いちいちデスクトップを切り替える必要があるのは、少々面倒かな、とも思います。

描画の感覚については、個々人で異なるので何とも言い難いですが、どちらも好印象です。もっとも、VDMはデフォルト設定だと切り替えがとても遅いので、オプションでReallyFast、に変更してやると大変高速になります。これはXPとVista64の双方で試しましたが、どちらも高速です。

結論?

そんなわけで簡単に導入レポートしてみましたが、NetBookでは結構便利に使えるかもしれません。画面がそれほど広いわけではないので、ウィンドウはどうしても大きく表示して使いたくなるのですが、そうするとゴチャゴチャしてしまう。コピーアンドペーストを行うような、関連性の高いアプリケーションをそれぞれのデスクトップにまとめておくと、便利がよくなるのかな、そんな印象です。


[PC] ここのところ調子が悪い

気がつくと、デスクトップ機一台、ミニサーバ一台、ノート二台、そして液晶が二台と机周りがかなりPCだらけになっているのに気づきました。さらにこの前Twitter経由で譲ってもらったPS3(20GBモデル)まであるので、スペースが全然ありません。困ったモノです。

それはさておき、最近メイン機(Vista64)の調子が悪くなってきてビクビクしています。症状としては突然リブートするというもの。Vistaに起因するものではなく、どちらかというとマザーボードのどこかがよろしくないんじゃないかなあ、そう思われます。

メイン機は自作機で、Core2Quad Q6600、メモリ8GB、RadeonHD3870以下略、といった構成なのですが、ボーナス前のこの時期に調子が悪くなるなんて、嫌がらせにしか思えないですね……!もう調子いい悪いで苦労したくないので、いっそMacBookProに流れてしまおうか、そう思ったりもしてしまいます。性能は明らかに下がってしまいますけど。

そして、Amazonにはまだ新型MacBook/Proが並んでないようですね。Amazon名物、買ってないのに思い込みレビューがどんなものか見てみたかったのですが。

ともあれ、明後日に大須にでも行って、マザーボードを見繕ってこようと思います。これでダメなら……MacBookProにご期待くだしあ^q^


[NetBook][Willcom]NetBookと小型PCって

開発陣に聞く「WILLCOM D4」 後編:“スマートフォンではものたりない”という声が「D4」開発を後押し - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0809/08/news022.html

この記事を見て思ったことをつらつらと。
D4を叩く気はないけれど、ここは突っ込もうかなと。

 「WILLCOM D4は意外にコストがかかっているデバイス。メモリが1Gバイトなのは、これ以上コストを上げることができないからです。本来は、ソニーの『VAIO type U』や富士通の『FMV-BIBLO LOOX U』のような、10万円オーバーの小型PCと同じジャンルの製品です。本来は、5〜6万円前後の低価格ノートPCとは違うジャンルのものですが、店頭では価格帯が一緒になってしまうんですね。でも今話題の製品と並ぶことで、WILLCOM D4が多くの人に知ってもらえるのですから、ぜひこの機会にその違いを知ってほしいです」(須永氏)



[NetBook] 個人的に選ぶならコレ

小さいモバイルノートとして人気のNetBook。
日本のメーカーは自社シェア食いをおそれてか、なかなか手を出そうとしませんが。

今回、店頭でデモ機をさわった感覚だけを元に、個人的に買うならコレ、を書いていきます。

hp2133


標準でVistaを使うならこれしかないかもしれない。
英語キーボードがネックだったが、今後の出荷は日本語キーボードになるようだし。
筐体の出来はなかなかいいが、キーボードは割とタイプしづらい印象。
また、タッチパッドとボタンの配置は大変使いづらい。


[PC] 1TB増設した

1TBのが安くなってるので買ってみました。

WesternDigitalのWD10EACS-D6Bというやつで、1万円を今月頭に限定とは言え割ったことで話題になったやつです。

これを取り付けて、世代的に一番古いBarracuda 10の320GBを取り外したら、こんな状態になりました。



見事にWesternDigitalばっかりです。

[PC][HDD][番長] 外付けハードディスク自作ケース金具 番長皿屋敷シリーズ

なんかすごいもの偶然見つけたので紹介します!

ハンドメイドの「外付けハードディスク大量搭載用自作ケース金具」、「番長皿屋敷」です。
なによりこの外見をまず見てください。すごい!冷えそう!



どうですか?
これを使って実際に組み上げたら、デバイスマネージャをこんな状態にすることも出来るわけです。



続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Amazon

ログール

なかのひと

TwitGIF/BlogChart


Powered by ついめ〜じ

blog chart/feed meter/friendfeed

フィードメーター - ほたるさんさん日記MR2 あわせて読みたいブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM